蜂の子のチカラ

蜂の子とホルモンの関係

蜂の子にはアミノ酸が豊富に含まれ、ホルモンの生成や働きに作用します。ホルモンは身体の機能や働きを正常に保つために欠かせない重要なものです。今回は、蜂の子とホルモンの関係、健康効果についてご説明します。

ホルモンの材料となるアミノ酸

ホルモンは特定の器官の働きを調整する情報伝達物質です。器官ごとに構成する成分は異なります。そのひとつが内分泌系を担うポリペプチドホルモンです。蜂の子に含まれる豊富なアミノ酸は、複数結合することによりホルモンを形成します。アミノ酸の組み合わせによりたくさんのペプチドホルモンがありますが、代表的なものとしては、成長ホルモンやインスリン、ガスとリンなどがあります。

成長ホルモン分泌促進

蜂の子に含まれるアミノ酸は新陳代謝促進の原動力となるとともに成長ホルモンの分泌を活発にして、新陳代謝をさらに高めます。その中心となるアミノ酸がアルギニンやグルタミン、リジンです。とくに、アルギニンは成長ホルモンの食欲増進作用の抑制、脂肪代謝促進、筋肉増強作用の促進などがあり、アスリートの栄養補給にも使われています。

ホルモンバランスを調整して健康をサポート

蜂の子に含まれるアミノ酸は成長ホルモンの分泌を促すだけではなく、性ホルモンや副腎皮質ホルモンなど多くのホルモンの分泌を促進します。加齢やストレス、疾患などによりホルモンの分泌は低下します。蜂の子を摂取することでアミノ酸を補うことができますので、ホルモンの生成や分泌が促進されます。その結果、体調の回復や健康増進効果があります。女性にとっては女性ホルモンの分泌がよくなりますので、美肌効果や更年期障害の軽減があります。自律神経の働きもよくなり、精神安定効果、血圧安定効果、リラックス効果、睡眠効果など、免疫力も高くなりますので病気に対する抵抗力もアップし、疲労の予防や回復促進などの多くの健康効果があります。

蜂の子に含まれるアミノ酸がホルモンの生成や分泌を促進し、健康維持増進に効果があります。蜂の子にはビタミンやミネラルなども豊富に含まれていますので、健康効果をいっそう高めてくれます。毎日蜂の子を食べるというわけにはいきませんが、簡単に摂取できる蜂の子サプリを利用すると、より手軽に健康管理ができます。

ページのトップへ戻る