蜂の子のチカラ

蜂の子とは

昔は山間地域では食用、一般的には珍味であった蜂の子が、最近は優れた健康食品として注目を浴びています。今回は、蜂の子の種類や産地、効能・効果についての基本的な内容についてご説明します。

蜂の子の蜂の種類

蜂の子は主としてクロスズメバチの幼虫や蛹のことをいいますが、かえりたての若い蜂も食用とされています。他にもオオスズメバチ、ミツバチ、アシナガバチ、クマバチなども食用とされています。ミツバチは、メス蜂はローヤルゼリーやハチミツの生産に必要なため、オス蜂だけが蜂の子として食べられています。

国内の主な産地

蜂の子はルーマニアやタイ、メキシコ、エクアドルなど海外でも昔から貴重なタンパク源とされており、珍しいものではありません。日本では、長野県、岐阜県、愛知県、静岡県、山梨県、栃木県、岡山県、宮崎県などの山間部を中心に全国各地で貴重な栄養源として常食とされてきました。

蜂の子の歴史

世界各地で食べられている蜂の子の最も古い記録としては、150万年前に東アフリカで食用とされていたものがあり、中国では約2000年前の薬物書に最も優れた薬の一つとしての記載されています。日本での公式の記録としては、1919年に行われた全国規模の昆虫食についての調査結果で、蜂の子が全国的に食用とされていることが明らかになりました。とくに、太平洋戦争時の食糧難の時代には貴重な食料となっていました。長野県や岐阜県、愛知県などでは伝統的な郷土料理として根付いています。

蜂の子の効能・効果

蜂の子は、中国の約2000年前の薬物書「神農本草経」に最高ランクの薬として記載されています。健康増進に効果があり、長期間服用しても無害な薬とされています。現在では、医師や科学者、薬剤師などの臨床検査や研究により多くの薬効が実証されています。くる病、倦怠、神経衰弱、心臓疾患、腎臓疾患、病後の回復、精力減退関連治療などに改善効果が高いとされています。

蜂の子は食料の少ない山間地域の貴重なタンパク源として食用にされていましたが、高い薬効を持った食材としても古くから知られていました。豊富な栄養を含んだ食品として健康増進に役立ってくれます。

ページのトップへ戻る